英語スラング罵倒する言葉17選|学校では教えてくれないフレーズ集

英語スラング

英語スラング罵倒する言葉を知りたい」

 

英会話を勉強し始めるとそう思うことってありますよね?

 

学校や教科書では教えてもらえない言葉ってなんだかちょっと興味をそそられますものね。

 

今回はそんなあなたのために、英語スラングで罵倒言葉にはどんなものがあるのかをまとめてみました。

 

ただし、あくまで知っておくだけにして、実際に面白がって気軽に使わないようにしましょうね。

 

場合によっては相手を本当に傷付けたり喧嘩になったりする可能性大ですから!

 

スポンサーリンク

英語スラング罵倒する言葉

an
an

知識として持っておくだけにしてね。

英語スラング罵倒 基本フレーズ

1.Go to hell! ー死ね!

hellは「地獄」という意味ですね。そのため、Go to hellで「地獄へ行け」つまり「死ね」という罵倒言葉になります。

 

日本語でも「死ね」なんて人に対してそうそう言わないですよね?

 

(もしかしたら若者同士でふざけていうこともあるかもしれませんが・・・)

 

いや、厳密に言うと日本語のニュアンスとは違うので、気軽に使わないようにしたほうがいいです。

 

2.Eat shit! ーくそくらえ

shitは「糞、大便」という意味なので、そのまんまですね。

 

そう、めちゃくちゃ下品なフレーズです。

 

shitは four-letter word(4文字言葉)といって、英語の中でも下品でとっても悪い言葉なので絶対言うのはやめましょう!

関連記事 >>英語スラング下品な言葉TOP3!取扱注意の「4文字言葉」って知ってる?

 

3.Fuck off! ーうせろ

fuckもshitと同じ four-letter word(4文字言葉)のひとつです。

 

と言うことは、かなり「過激」な罵倒言葉になります。絶対に使わないでね。

 

4.Get the fuck out!ー消えろ

Get out!(出て行け!)に the fuck をはさんだ表現ですね。

 

そう、これもものすご~くひどい罵倒言葉です。

 

万が一、これを誰かに言われたら速攻でその場を離れましょう。とってもヤバイ状況です!

 

(そうないとは思いますが・・・)

 

5.Shut the fuck up! ー黙りやがれ!

Shut up!(黙れ!)に the fuck をはさんだ表現ですね。

 

Shut up! だけでも十分強い罵倒言葉なのですが、the fuck をつけることでより悪意を付け足すことができます。

 

これ、かな~りヒドイ言葉です。

 

ものすごく仲のいい友達同士だとふざけて使ったりもしますが、気軽に使うと相手の気持ちを傷つけたりトラブルになる可能性もあるのでご注意を。

 

それにしても英語の罵倒言葉には fuck が入ったものがホント多いですよね^^;

 

言い換えると、fuck を入れたらすべて汚い言葉になるって感じですね。

 

英語スラング罵倒 人をバカにする言葉

6.Asshole ーばか者、くそったれ

ass は「尻」holeは「穴」という意味なので、つなげると「ケツの穴」ということになります。

 

これを人に向かって言うと、相手をバカにした表現になります。

 

言葉のとおり、とっても下品な表現です!

 

7.Idiot ーばかなやつ、アホ、間抜け

idiotは「ばかなやつ」「アホ」という意味の名詞です。

 

You idiot!「なんてバカな奴!」と言ったりすることができます。(実際には言わないでね)

 

idiotは以前「白痴」という心理学用語としても使われていましたが、現在は偏見につながるため専門用語としては使われなくなりました。

 

8.jerk ーイヤなやつ、不愉快な人、ばか

jerkは「イヤなやつ」「不愉快な人」という意味です。

 

日本語の「ムカつくやつ」という感じでしょうか。

 

アメリカに留学していた時、女の子同士で嫌な元彼の話をする時とかよくこの言葉を聞きました。

 

He is a real jerk!(彼ってホント最低なやつ!)みたいな感じです。

 

表現としてはかなり強い言い方になるので、気軽には使わないほうがいいですね。

 

(でもホントにヒドイことをする人であればピッタリな表現だとは思います)

 

9.Bastard ーろくでなし、出来損ない、イヤなやつ

bastardは元々「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」という意味があり、差別用語とされています。

 

使い方としては You bastard!「このできそこないが!」と言うことができます。

 

ですが、かなーーーり「強い」罵倒言葉となるので使わないほうがいいですね。

 

英語スラング罵倒 男性を罵る言葉

10.Son of a bitch ー野郎、最低な男、嫌な奴

son of a bitch は直訳すると「ビッチの息子」となりますが、つまり「最低な男」や「嫌な奴」という意味で使われます。

 

アメリカのアニメで「Family Guy」という過激な内容のものがあるのですが、Son of a bitch が出てくる動画があったので、参考までに貼っておきます。

↓ ↓ ↓

22秒、1分20秒、2分55秒あたりで言っています。

 

他にも、jerkやbastardなどの言葉もたくさん出ていて、罵倒言葉を学びたい人にはかなり参考になるアニメ番組なのではないかと思います。

 

ですが、あくまで意味を知るだけにして実際には使わないようにしましょうね。

 

11.dickhead ーばかやろう、能なし、間抜け

本来、dickは「男性器」headは「頭」という意味で、つなげると「ばかやろう、能なし」など男性を罵る言葉になります。

 

もちろん通常は使わないほうがいい言葉ですが、映画やアニメではよく使われていますね。

 

また「歌」にも使われていたりします。

 

例えば、こちら。

イギリス人歌手のケイト・ナッシュの歌で Dickhead という曲があります。

↓ ↓ ↓

スローでまったりした感じの曲調ですが、歌詞にはdickheadがたくさん出てきています。

Why are you being a dickhead for?
Stop being a dickhead…

どうしてあなたはそんなに「ろくでなし」なの?
もうそんな「ろくでなし」でいるのはやめて。

 

優しい声で dickhead「ろくでなし」を連呼してますね。

どうしようもない男にはまってしまった女心を歌ってる感じですかね。

 

12.Motherfucker ーイヤなやつ、くそったれ、ばかやろう

直訳すると「母親とヤル人」となるのですが、「くそったれ」のように男性を罵る言葉です。

もともとはアメリカ英語のスラングになります。

 

 

男性に対する罵声言葉の中でも、特にひどい表現がこの motherfucker となります。

「洋画」でもよく使われていますよね。

 

例えば、こちら。

↓ ↓ ↓

サミュエル・ジャクソンが motherfucker を使っている映画のシーンを集めたYoutube動画です。

 

これで使い方や発音が分かるかと思います。

 

(でも実際に使わないでね~)←しつこい?

 

英語スラング罵倒 女性を罵る言葉

13.Bitch ー意地悪女、イヤな女、あま、くそ女

bitch は本来「メス犬」という意味ですが、女性を罵る言葉として使われています。

 

ビッチは日本語だと「尻軽女」というイメージがありますが、英語では「感じの悪い、性格の悪い」女性のことを指す場合が多いです。

 

bitch という言葉は洋楽でもよく使われてたりしますね。

 

例えば、ブリトニー・スピヤーズの曲で Work Bitchという歌があります。

↓ ↓ ↓

You want a hot body
You want a bugatti
You want a maseratti
You better work bitch

素敵なボディがほしい?
ブガッディに乗りたい?
マセラティに乗りたい?
努力しなさい、ビッチ

ここでのビッチは「意地悪な女」という意味で使っているというより、相手を激励するためにあえて bitch と呼びかけている感じですね。

 

と言っても気軽に使っていい言葉ではないのでご注意を~!

 

Slut ー14.ふしだらな女、尻軽女

slutは「尻軽女」「すぐに誰とでも寝る人」という意味です。

 

おそらく日本語で使うビッチの意味に近い言葉だと思います。

 

ですが、英語ではかなり強い罵倒言葉になるので、日本語のビッチのように簡単に使うと相手に嫌われちゃいますからね。ご注意を!

 

Whore ー15.売春婦、淫乱女

whore は本来「売春婦」という意味で、女性を侮辱する言葉になります。

 

発音の仕方は「ホワァ」という感じです。

 

こちらの動画で whore の発音を聴くことが出来ますよ。気になる方は参考までにどうぞ。

↓ ↓ ↓

ちなみに、これは映画Mean Girls(ミーン・ガールズ)のワンシーンです。

 

仮病で一緒に出かけられないと言っているケイトにレジーナが Boo you whore! と言っている場面になります。

 

ここの Boo はブーイングのブーですね。

英語でブーイング(非難)する時、本当にこうやって「ブー」って言うんですよね。

 

Boo you whore! の意味は「このくそ女!」って感じでしょうか。

 

言われたケイトの顔を見れば、どれほどヒドイ言葉か分かるはずです。

 

英語スラング罵倒 子供を罵る言葉

16.Brat ーがき、くそがき

brat は「手に負えない子供」のことです。

 

ものすごく汚い言葉でもないですが、侮辱的な言葉ではあるため気軽には使わないほうがいいでしょう。

 

17.Little punk ー青二才、若造

punk は「くだらない人間、役立たず」という意味の言葉で、littleをつけると子供に対して罵る言葉になります。

 

アメリカのアニメ「シンプソンズ」で、little punk という言葉が使われているシーンがありました。

↓ ↓ ↓

どんな感じで使っているか分かるので、よかったらチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたか?

今回は、英語スラングの罵倒する言葉として「学校では教えてくれない」フレーズをご紹介しました。

ここでご紹介したフレーズは、海外のアニメや映画または洋楽では使われている言葉でもありますが、英語を学んでいる外国人が使うと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

an
an

相手の気分を害したり、怒らせてしまったりすることもあるかも!

あくまで「知識」として持っておくだけにして、実際に使うことは控えておきましょうね。

ですが、スラングが全て下品な表現というわけではありません。いわゆる「話し言葉」としてカジュアルな場面で使われるフレーズもたくさんあります。

関連記事 >>英語スラング基本編!ネイティブがよく使うフレーズやイディオムをご紹介

こういったスラングは、フォーマルな場面や目上の人に対して使うのでなければ全く問題ないので覚えておくのもいいですね。

もちろん使わなくても知っておくことで、よりネイティブの会話を理解しやすくなることは間違いないですよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました