【英語絵本】子供が読みたがらない時に!絶対食いつく絵本の見つけ方

英語絵本

 

英語子育てで「英語絵本の読み聞かせ」は定番の取り組みですよね。

でも!子供自身はあまり英語絵本を読みたがらなかったり嫌がったりする場合もありませんか?

そんな時の対処法を以前の記事「子供が食いつく!英語絵本の効果的な読み聞かせ方法とは? 」でご紹介しましたが、今回はさらに深堀りをして我が家でしている「絶対食いつく絵本の見つけ方」をご紹介したいと思います♪

 

スポンサーリンク

まずはお試し!図書館を活用しよう

子供が食いつく!英語絵本の効果的な読み聞かせ方法とは?でご紹介したとおり、まずはお子さんの「好きなジャンルの絵本」を選ぶことが基本です。

もちろん、たとえ好きなジャンルの絵本と言っても必ず食いつくとは限りませんので「買って損した~」ということを極力避ける方法を今回はご紹介しますね。

それは、「図書館を活用する」です。

ごくごく普通の対処法ではありますが、やはりお試しができるのであれば英語絵本も先に子供の反応を見れるのはとっても有難いことです。

だって洋書をすべて買っていくとなると、結構な出費になりますので・・・(-_-;)

なので図書館で先に借りてみて、我が子の反応をみてお気に入りであれば購入を考慮するという方法がいいと思います。実際、私も図書館で借りてみて食いつきがいいものを買うようにしたら「買って損した~」という失敗が減りました。

でも、図書館に洋書(子供用の英語絵本)ってそんなにあるの??と思われた方もいらっしゃるかと思います。

それが意外とあるんですよ!都会ではなくとも。

実際、私が住んでいる地方(浜松市)の図書館でもたくさんの英語の絵本を見つけることができました。さらに少し前から「都田図書館」では「英語の多読コーナー」が設置されていて豊富な洋書を借りることができます。

また、浜松市図書館の場合、ネットで検索ができるので事前に探して予約をしておくとかなり便利です。もし最寄りの図書館に在庫がなくても同じ浜松市内の図書館であれば取り寄せをしてくれて、届いた時にメール連絡をくれるのでその時に借りに行けばよく、とっても重宝しています。

浜松市在住の方であれば、ぜひぜひネットの事前予約サービスを活用してみてほしいです。その他の地域でも同じようなサービスがあるかもしれないので、ぜひ調べてみてください。本当に便利ですよ♪

 

スポンサーリンク

絵本の表紙を見せて反応確認!

もしお住まいの地域の図書館では英語絵本の取り揃えがあまりないという場合は、ネットでめぼしい英語絵本の表紙を見せてお子さんの反応を確認してみてください。

まず、アマゾンで良さそうな英語絵本を探します。例えば、恐竜の絵本を検索したら何冊か出てきたとしますよね。

アマゾンでは画像で表紙が載っているので、それを我が子に見せてみるんです。絵本によっては中身が見れるものもあるので、その場合は中も見せてあげます。

それで反応が良かったら「買い」です。

大抵の場合、実物が届いた時は子供の反応はよくて読みたがるはずです。子供って知っているものはあまり抵抗なく受け入れてくれませんか?その習性を利用しています。

ポイントとして、表紙を見せている時に「これ、ほしい?」と聞き、「ほしい!」と言ったものを買います。

こうすることで子供が「自分で選んだ」という気になり、かなりの確率で絵本が届くと喜び食いつきます。

これは、我が家でもよくやる方法ですが、外れがほとんどなくかなりおすすめです。私がひとりで「これ、良さそう」と思って選んであげた絵本より明らかに反応がいいです!(^^)!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、我が家で実践している「子供が絶対に食いつく絵本の見つけ方」を2つご紹介しました。

1.図書館の絵本を試しに借りて反応をみる
2.アマゾンなどで絵本の表紙を見せて反応をみる

です。

そして反応がいいものだけを実際に買ってあげるようにすると「買って損した」という失敗がかなり減ると思います。

子供って、事前に目にしたことのある絵本だったり、自分でほしいといった絵本だと食いつきがいいんですよね。

ママが一生懸命選んであげたものよりも・・・(-_-;)

もし最近ちょっと英語絵本を読みたがらなくて困っているというママがいらっしゃったら、ぜひぜひ試してみてください。

どちらもタダでできる方法なので、やらない理由はないですよ~(^_-)-☆

このブログの運営者
an

子供が1歳半の頃から英語に触れさせてきました。今では英語が大好き&得意な小学生に成長してくれています。

詳しいプロフィールはこちら

anをフォローする
英語絵本
スポンサーリンク
anをフォローする
英語子育て情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました