幼児におすすめのクリスマス英語絵本は?0歳から楽しめるのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐクリスマスですね。今回は0歳から楽しめる、幼児におすすめのクリスマス英語絵本を1冊ご紹介します。

今回ご紹介する絵本は、仕掛け本になっているので赤ちゃんでも飽きずに読み聞かせすることができますよ。もちろん、幼稚園児さんや小学生さんでも楽しめるクリスマスの英語絵本です!

絵本の概要

タイトル: Spot’s First Chiristmas
作者: Eric Hill
出版社: Puffin Books
言語: 英語
本の素材:ハードカバーとペーパーブックの両方あり
ページ数: 14ページ
単語数: 1ページに平均5単語
種類: 仕掛け本(Lift-the-flap book)

いわずと知れた「コロちゃん」シリーズの英語版です。もちろん英語版がオリジナルですよー。

コロちゃんの英語名はSpot(スポット)です。Spotは「斑点、水玉模様」という意味があり、Spot(スポット)の体には丸い模様があるのでそう名前がついたのでしょう。

1ページに書かれている英語数は少なく(平均で5単語くらい)、一番多く書かれているページでも10単語もないくらいです。

見開きページに1つの仕掛け(めくると何か書いてある)があり、小さなお子さんが喜んでくれること間違いなし。

実際、我が家の息子にも1歳の頃に初めてこの本を読み聞かせてあげましたが、仕掛けをめくってあげるととても喜んでいました。0歳児さんでもママやパパがめくってあげれば十分楽しめる1冊です。

 

あらすじ

クリスマスイブの日、スポット(コロちゃん)はサンタさんを待ちわびています。でもママが「今日はやることがたくさんあるのよ」と言うのでお手伝いすることにします。でも、ついつい遊んでしまってなかなかお手伝いがしっかりできないスポット。そして、ついに待ちに待った夜になります。スポットはサンタさんが来ることを楽しみにしながら眠りにつき、次の朝に目覚めると・・・。

・・・

Spot’s First Chirstmas(スポットの初めてのクリスマス)というタイトルにもある通り、クリスマスイブにする準備はスポットにとって初めてのことばかり。遊んでしまってうまくお手伝いできないスポットがとっても可愛らしいです。

 

仕掛けの紹介

この本の仕掛けは見開きページに1つめくるところがついています。

めくると、お話の続きがセリフと一緒にかかれています。

小さいお子さんで、もしまだ英語のお話を楽しむことがまだできなくても、こういった仕掛けがあると視覚で十分に楽しむことができるのでいいですね。

さらにボードブックであれば厚めの紙になっているので、小さいお子さんがめくっても破ってしまう心配が少なくなると思います。

 

英語のレベル

簡単な英単語で書かれており、単語数も1ページに平均で5単語くらいになります。一番多く書かれているページでも10単語以下なので、さらっと読めるレベルです。

小さなお子さんでも最後まで飽きずに聞いてくれる長さですし、初めての読み聞かせにもピッタリの英語レベルになっています。

 

まとめ

今回は、幼児におすすめのクリスマス英語絵本としてSpot’s First Chirstmas(スポットの初めてのクリスマス)をご紹介しました。

Spot(スポット)は日本名で「コロちゃん」としても知られているワンちゃんで、この絵本はコロちゃん絵本の英語バージョンになります。

全てのページは簡単な英語で書かれていて、さらに仕掛け(めくるところ)があるので小さなお子さんでも飽きずに楽しめる内容になっています。

本の素材もボードブックとペーパーバックの両方があるので、0歳児さんなど仕掛けの部分や破ってしまう心配がある場合は、厚めの素材のボードブックで読み聞かせしてあげると安心ですね^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。