サマースクール英語で行う小学生対象プログラムまとめ【国内編】

英語が得意になる小学生の育て方

サマースクール英語でおこなっている小学生向けのプログラムをお探しですか?

 

海外で人気のサマースクールですが、実は国内にあるインターナショナルスクールでも多く開催されているんですよね。

 

そこで今回の記事では、英語で行う小学生におすすめのサマースクールにはどんなものがあるかを調べてまとめてみました!

 

  • 費用・料金はどれくらいかかる?
  • 開催時期はいつ?
  • 期間はどれくらい?
などなど、気になるポイントも分かりやすく書いています。

 

子供に英語漬けの素晴らしい時間をプレゼントしてあげたいとお考えのパパ・ママ、ぜひ参考にしてみてください^^

 

【関連記事】サマーキャンプアメリカおすすめ3選!小学生向けプログラム2019

 

スポンサーリンク

サマースクール英語小学生向け1 ローラスインターナショナルスクール STEAM Summar School

英語で行うサマースクール小学生向けで、最初におすすめしたいのがこちら。

 

都心中心に8校を展開する関東最大のインターナショナルスクール「ローラスインターナショナルスクール」のSTEAM Summar Schoolです!

 

STEAMとは、STEM教育にArt(芸術)を加えた造語になります。

STEM教育とは?

・Science 科学
・Technology 技術
・Engineering 工学
・Math 数学

アメリカが提唱したそれぞれの言葉の頭文字を取った教育のこと。

 

STEAMでは、このSTEM(科学、技術、工学、数学)の知識だけでなくArt(芸術)を足して現代社会によりマッチした教育をする取り組みをする教育になるんですね。

 

確かに理系の知識だけでなく、アートのようなクリエーティブな発想や創造ってこれからの時代すごく大切ですもんね。

 

STEMもいいけど、STEAMもすごく良さそう!!

 

そんなSTEAMがテーマのローラスインターナショナルスクールSTEAM Summer Schoolはとっても魅力的ですね^^

 

 

では、具体的にどのように開催されているのか見ていきましょう。

 

まず期間ですが、Week1からWeek5まで(7月中旬から8月末まで)の開催になります。

 

それぞれのWeekは月~金(5日間)となっており、土日はお休みです。

 

(通常のスクールデーと同じってことですね)

 

Week1から5まで全て参加もOKですし、もちろん1つのWeekだけの参加も可能ですよ。

 

ワーママや下に小さい子がいるママにとっては、小学生の子供が夏休み中ずっーーとサマースクールに通ってくれると助かりますね^^

 

(もちろん、お盆休みはサマースクールもお休みですけど)

 

さらに注目すべきは、時間が2コースから選べるところですよ~。

5時間コース: 10:00-15:00
1日コース: 6:30-18:00

 

子供がまだあんまり英語に慣れていないなら5時間コースがいいだろうし、ワーママにとっては1日コースが助かりますよね。

 

子供の様子や家族の都合で決められるのは嬉しいですね!

 

(我が家の息子(小2)だったら、シャイだし初参加になるから、5時間コースで1週だけの参加がいいかな?)

 

ローラスインターナショナルスクール STEAM Summer School

おすすめポイント

・STEAM教育のサマースクール
・Week1からWeek5まで夏休み中ずっと開催(お盆期間はクローズ)
・半日コース/1日コースが選べる

おすすめする小学生

・サイエンス好きの子

詳細

・開催場所:ローラスインターナショナルスクール白金台校【地図
・対象年齢:小1~小6
・費用:45,000円(5時間コース5日間)/63,000円(1日コース5日間)
・開催日:こちらからチェックできます

 

 

スポンサーリンク

サマースクール英語小学生向け2 葉山インターナショナルスクール Summer School

英語で行うサマースクール小学生向けで、次におすすめしたいのがこちら。

 

神奈川県横須賀市に本校がある「葉山インターナショナルスクール」のSummer Schoolです!

葉山インターナショナルスクールのサマースクールでは、毎年決まったテーマに沿ったアクティビティーを行います。

 

今年のテーマは?⇒こちらからチェックできます

 

Play Think and Learn(遊び、考え、そして学ぶ)という教育理念を掲げるスクールのため、サマースクールも遊びを通して学ぶという子供たちが大好きなスタイルになっていますよ。

 

先生が一方的に話す授業からは得られない「自ら学ぶ」楽しさを経験できるのはイイですよね~^^

 

開催時期は、7月下旬から8月末まで「6セッション」開催されます。

 

1セッションは月~金の「5日間」になりますよ。(土日はお休み)

 

時間は9:00~15:00までの6時間です。

 

ランチはオプションのスクールランチ(別途費用)か、お弁当持参を選べます!

 

(忙しいママにとって、スクールランチがオーダーできるのは嬉しいですね!!)

 

対象年齢は3歳~12歳なので、幼稚園児から小学生まで参加できます。

 

また、英語が話せなくても参加できるサマープログラムになっているので英語初心者でも安心ですよ。

 

葉山インターナショナルスクール Summer School

おすすめポイント

・Play Think and Learn(遊び、考え、そして学ぶ)が教育理念のスクール
・テーマに沿った内容を遊びながら楽しく学べる

おすすめする小学生

・英語初心者
・遊びながら学びたい子

詳細

・開催場所:葉山インターナショナルスクール【地図
・対象年齢:3歳~12歳
・費用:38,000円(1セッション参加費、材料費、施設使用費込み)
・ランチ:2,400円(1セッション)
・開催日:こちらからチェックできます

 

 

スポンサーリンク

サマースクール英語小学生向け3 コロンビアインターナショナルスクール Summer School

最後にご紹介するサマースクールはこちら。

 

西東京市にある「コロンビアインターナショナルスクール」のSummer Schoolです。

プログラム開始からなんと20年という歴史あるサマースクールなんですよ~!

 

ゲームやアクティビティを通して、算数、理科、社会、美術、体育、コンピューターなどなど様々な授業を受けられます。

 

英語のみの「イマージョン」スタイルですが、実体験(Hands on Experience)スタイルだから英語に自信がない子でも楽しめると好評ですよ~。

 

イマージョンの授業がどんな感じで進められているのかが分かるから、コロンビアインターナショナルスクールへの編入を考えている子にもピッタリなサマースクールですね。

 

こちらからも過去のサマースクールの様子が見られます!

↓ ↓ ↓

 

期間は7月中旬から8月中旬までの4週間、開催していますよ。

 

1週間(5日間)単位での参加もできますし、週ごとにテーマが変わるのでずっと参加してもいいですね。

 

(もちろん予算があれば・・・ですけどね)

 

時間は9:30~14:30で、ランチは希望者は注文可能です。(これは助かる!!)

 

例年、募集は4月末で締切となっています。(追加募集がある場合は5月末まで)

 

今年のサマースクールの概要と募集要項はこちらでチェックできます↓
チェック>>サマースクールについて【コロンビアインターナショナルスクール】

 

コロンビアインターナショナルスクール Summer School

おすすめポイント

・開始20年の歴史あるプログラム
・実体験(Hands on Experience)スタイルの楽しい授業が受けられる

おすすめする小学生

・英語に自信がない子
・コロンビアインターナショナルスクールへ編入を検討中の子

詳細

・開催場所:コロンビアインターナショナルスクール【地図
・対象年齢:小1~小6
・費用:50,000円(1週間/障害・損害保険料含む)
・開催日:⇒こちらからチェックできます

 

 

スポンサーリンク

さいごに

今回は、日本国内で開催されているサマースクールで小学生対象のプログラムを3つご紹介しました。

 

どれもインターナショナルスクール主催のもので、それぞれのスクールによって特徴は様々でしたね。

 

ホント、どれも魅力的なサマースクールですよね~。

 

時間とお金が許せば、全て参加させたいくらい!(あと、家から近ければ・・・)

 

もしどれか1つ我が家の子供(小2男の子)に受けさせるとしたら、ローラスインターナショナルスクールのSTEAMサマースクールかなぁ。

 

算数とプログラミングに興味がある子なので楽しんでくれそう。

 

ぜひじっくりと見比べて、お子さんにピッタリのサマースクールを見つけてみてください^^

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

>>サマースクール名古屋おすすめ3選!帰国生から英語学習者向けまでご紹介♪
>>サマーキャンプアメリカおすすめ3選!小学生向けプログラム2019

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました