【子供向け英語教材】イギリス英語を身につけるにはどれがいい?

英語教材

子供向け英語教材で「イギリス英語」を身につけるにはどの教材がいいのでしょうか?

今日は、「イギリス英語」が使われている教材 おすすめの2つをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.ORT(Oxford Reading Tree)の絵本

イギリスのオックスフォード大学出版社から出ているリーディング教材です。ORTはイギリスでは小学校でも使われている本ですので、クオリティーに間違いはありません。セット本になっていて、CDつきも選べます。

絵本のレベルは「10段階」に分かれているので、お子さんの英語力に合わせたものを買うことによって徐々にレベルアップしていくことが可能です。

主人公のKipper(キッパー)という男の子の日常についてのお話が主なので、単純な英語教材というよりも「ものがたり」としても楽しめる点がいいですね。

また、ORT絵本で使われている表現やスペルは「イギリス英語」ですが、CDの音源はイギリス版とアメリカ版の両方が収録されています。

・・・これってお得な感じもしますが、完全なイギリス表現をアメリカ英語で聞くのは少しおかしな感じもするのは私だけでしょうか。(大阪弁の表現を東京のイントネーションで話している感じ??)

ですので、イギリス英語を身につけたいのであれば、ORTの「音源」はイギリス英語のものを使うことをおすすめします。

<関連記事>
ORT絵本セットを買った感想!ぶっちゃけ口コミレビュー♪

 

スポンサーリンク

2.アルク エンジェルコース

アルクから出ているイギリス英語の「CDかけ流し教材」です。

胎児から3歳位までの子供向けとなっていて、BGMにはモーツアルトが使われているのが特徴ですね。童話の読み聞かせやマザーグースがゆったりとした音源と共に流れてきて、小さい子供にも優しい感じがします。

CDは12枚ついていて、付属のブックレットには音楽と合わせてできる手遊びなども紹介されているので、自宅で小さなお子さんと一緒に遊びながらイギリス英語に触れられる教材となっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はイギリス英語を身につけるためのセット教材をご紹介しました。

セット教材は「続けられないともったいない」というデメリットがあります。

実際、単品で買えるイギリス英語のCD、絵本、DVDなどは他にもあり、こういった単品はセット教材と違って「好きなものだけ選べる」というメリットがありますね。

ただし!単品の場合は1つ1つ「調べて」揃えていかなければならず、その作業が大変というデメリットがあります・・・。(どれも一長一短あるんですね)

ですので、とりあえず「イギリス英語に触れさせたいけど、選ぶのは大変だから嫌!」という方はこういったセット教材は便利と言えると思います。

ご参考までに^^

このブログの運営者
an

子供が1歳半の頃から英語に触れさせてきました。今では英語が大好き&得意な小学生に成長してくれています。

詳しいプロフィールはこちら

anをフォローする
英語教材
スポンサーリンク
anをフォローする
英語子育て情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました