リージョンコードって何?海外のDVDを日本で観るにはどうすればいい?

英語DVD

海外のDVDを買って観ようとしたら「再生できなかった!!」という声を聞くことがあります。

「原因」は、持っているDVDプレーヤーとDVDの「リージョンコード」が違うからです。

「え?リージョンコード??何それ?」と思いの方もいらっしゃるかもしれないですね。

「じゃあ、どうすれば海外のDVDを日本で観ることができるの??」という疑問も浮かんでいるかもしれません。

そこで、今回の記事では

  • リージョンコード」って
  • 海外のDVDを日本で再生するにはどうすればいいの?

についてまとめてみたいと思います。

「せっかく買ったDVDが観れない~(T_T)」という事態を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

リージョンコードとは?

まず、リージョンコードとは何か?についてみていきましょう。

【リージョンコードとは?】

DVDプレーヤーとDVDディスクに割り当てられている「地域番号(region code)」のこと。地域ごとに1~6までのリージョンコードがある。

つまり、再生するディスクとプレーヤーの「リージョンコード」が違うと「再生できない」仕組みになっているんです!!

an
an

ちなみに、日本のリージョンコードは「2」です。

例えば、日本で買ったDVDプレーヤー(リージョンコードは2)で、アメリカで買ったDVDディスク(リージョンコード1)は再生できないってコトになります。

an
an

そんな規制があったとは!!って思いますよね~。

なぜこんな規制があるかというと、映画業界の要望だそうです。

例えば、ハリウッドの映画会社が作成した映画作品は、日本での公開時にはすでにアメリカでDVDが発売されていることも多く、そうなると「輸入盤のDVDに消費者が流れて、映画の興行収入が落ちる恐れがあるから」ということ。

an
an

なるほどね~、確かにそれはあるかもね?

ということで、日本製のDVDプレーヤーでは海外のDVDディスクは再生できないというわけです。

ちなみに、すべてのリージョンコードは以下のとおりです。

リージョンコード 地域
ALL(0) リージョンオール
1 アメリカ、カナダ
2 日本、西ヨーロッパ、南アフリカ、中東、エジプト、グリーンランド
3 東南アジア、香港、マカオ、韓国、台湾
4 オーストラリア、ニュージーランド、中南米
5 ロシア、東ヨーロッパ、北アフリカ、アジア
6 中国本土
7 未使用(予備)
8 国際線(航空機、船舶)
【注意】
日本とヨーロッパ(イギリス含む)が同じリージョン(2)になっていますが、映像規格が異なる(NTSC方式とPAL方式)のため、日本では再生できない場合があります。ただし、一部のパソコンでは再生できることもあるとのコト。
an
an

や、ややこしい(;^ω^)

とりあえず、基本は、海外のDVDは日本製のDVDプレーヤーでは「再生不可」と思っていたほうが無難ですね。

いけるかな?と思って買ってダメだった時のショックは大きいですからね・・・(T_T)

スポンサーリンク

海外のDVDを日本で観る方法は?

では、海外のDVDを日本で観るにはどうすればいいのでしょうか?

方法としては「2つ」あります。

海外のDVDを日本で観る方法1.PC(パソコン)で視聴する

パソコン(PC)のDVDドライブにも購入した地域による「リージョンコード」が割り当てられています。

でも、実はコレ「4回(未設定なら5回)」まで変更が可能なんです!

【補足】
PCのリージョンコードは工場出荷時に設定されているのが一般的ですが、Macでは未設定のまま出荷されている場合があります。未設定の場合は5回まで変更が可能です。

そのため、このリージョンコードを変更すれば、PC(パソコン)を使って海外のDVDを観ることができるんですよ~。

 

以下に、「PCのリージョンコードの変更方法」をまとめてみますね。

1.再生したいDVDディスクをPCの「DVDドライブ」にセットする

2.「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を起動

3.「PC」をクリック

4.DVDドライブを右クリックして「プロパティ」を選択

5.「ハードウェア」をクリック

6.リージョンを変更したい「DVD」を選んで「OK」をクリック

7.「DVD地域」をクリック

8.「国」を選んだら「OK」をクリック

*ここでは例として「米国(アメリカ)」を選んでいます

これで完成です!

an
an

おつかれさまでした~^^

【補足】
お持ちのPCと表示される画面が少し異なる場合がありますが、「PC(マイコンピューター)→DVDドライブ→プロパティ→ハードウェア→DVDドライブ→プロパティ→DVD地域」という順番で変更が可能です。

これで思う存分、海外のDVDを楽しめるようになりましたよ~^^

でも逆に「日本のDVD」は再生できなくなるので、もし元に戻したい場合は、1からの作業を繰り返して「国」を「日本」にしてくださいね。

ただし!残り変更回数が「0」になると、それ以上変更ができなくなるのでそこはご注意ください。

ちなみに、リージョンコードの「残り変更回数」と「現在のリージョンコード」は「DVD地域」内で確認できます。

「日本のDVD」はDVDプレーヤーで観て「海外のDVD」はパソコンで観る、としておけば何回も変更する必要がないのでイイですよ。

an
an

パソコン画面でDVDを観るのはちょっぴり見にくいかもしれないですけど・・・(;^ω^)

海外のDVDを日本で観る方法2.リージョンフリーDVDプレーヤーで視聴する

もう1つ、海外のDVDを日本で観る方法として「リージョンフリーDVDプレーヤーで観る」という方法があります。

【リージョンフリーDVDプレーヤーとは?】

DVDディスクのリージョンコードにかかわらず、再生ができるDVDプレーヤーのこと。「リージョンフリー」=「リージョンなし」という意味。

リージョンフリーのDVDプレーヤーは、アマゾンで5000円くらいで買えます。海外DVDをよく観るという人は1台買っておいても損はないかと思います。

関連記事>>リージョンフリーDVDプレーヤーおすすめは?設置タイプからポータブルまで人気ランキングからご紹介!

ちなみに我が家では、子供が車でも観られるようにポータブルタイプにしましたよ。

ドライブの時間も大事な英語時間になるので、かなり重宝してます(*^^*)

スポンサーリンク

リージョンコードとは? まとめ

今回は、リージョンコードについてと、海外のDVDを日本で観るためにどうすればいいのかについてまとめてみました。

おさらいすると、「リージョンコード」

  • DVDプレーヤーとDVDディスクに割り当てられた「地域番号」のこと
  • 言い換えると、日本のDVDプレーヤー(リージョン2)では、海外のDVDディスク(リージョン1など)を再生することができない

でしたね。

では「海外のDVDを日本で観るにはどうしたらいいのか?」ですが、

  • PC(DVDドライブ)で視聴する *リージョンコードを変更
  • リージョンフリーのDVDプレーヤーで視聴する

という「2つ」の方法がありました。

【補足】PS(PlayStation)4でも海外DVDは再生可能なようです。お持ちの方は、PS4を使うのもいいですね。

とりあえず、手っ取り早いのは「持っているPC(DVDドライブ)のリージョンコード設定を変える方法」かな?と思います。

私もオーストラリアに留学していた時に、日本から持っていったPCでオーストラリアのDVDを再生しようとして出来なかったので、DVDドライブの設定を変更して観ていました。

テレビ画面よりちょっぴり見にくいですけど、観れないよりマシですからね。

an
an

ただ、変更回数に「制限」があるのでその点だけご注意を!

その後、日本で子供の英語育児を始めてからはPCではちょっと使い勝手がよくなかったので「リージョンフリーのDVDプレーヤー」を買いました。

1万円くらいしましたが、買ってよかったです♪

関連記事>>★リージョンフリーDVDプレーヤー(ポータブル)のレビュー!英語育児に欠かせない♪

あなたも自分に合う方法で、海外のDVDを楽しんでくださいね~^^

このブログの運営者
an
an

こんにちは、anと申します。

小3になる息子が1歳半の時から英語に触れさせてきました。今では英語大好き&得意な小学生に成長してくれています。

このブログでは、元留学生で現役英語講師の私(an)が「英語が好き&得意になる子供」を育てるにあたって、知りたいコト・調べたコト・実際にやっているコトなどをまとめています^^

同時に「英語学習」に興味のある大人のための情報も発信しています。どうぞよろしくお願いします。

詳しく

anをフォローする
英語DVD
スポンサーリンク
anをフォローする
英語学習インフォ

コメント

タイトルとURLをコピーしました